どこにでもというわけではありません。でも船が多い海域や、就職して乗船するとよく行く港などが設定されていて、楽しくて緊迫感のある実習ができます。昼夜、視界、雨、風、波など、いろいろな条件を変えて操船の練習をすることもできます。