練習船+岸壁

練習船

船にとって安心して休息を取ることができる家が母港です。
校内練習船「かざはや」の母港は艇庫近くの専用岸壁で、台風の時にも「かざはや」をしっかりと係留してくれます。
カッターやモーターボートは岸壁につながる桟橋に係留されていて、実習の時にはこの桟橋から出港します。

ギャラリー

船を岸壁に係留するロープにはそれぞれ名前と役割があります。出港するとき、入港するときには、風の影響も考えながら、これらを上手に順序よく外し、留めます。航海から学ぶだけではなく、岸壁でのこうした作業経験を通じて、海の仕事が次第に分かってきます。

FAQ

よくあるご質問

短柱1本のものを「ビット」、短柱2本のものを「ボラード」と呼んでいます。

SCENE

シーン別